耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

ゆとり墓所の特徴

隣のお墓との空間がせまいと、お掃除が大変です。そこで最近増えているのが、ゆとり墓所。広々とした雰囲気が好きな方に、おすすめしたい墓地です。ここでは、ゆとり墓所の基礎知識とお墓の周りに植えるお花や樹木、玉砂利についてご紹介します。これからご供養する立場になる方は、ぜひご覧ください。

ゆとり墓所とはお墓とお墓の間に空間を作る形式

ゆとり墓所とは、両隣の墓石との間に空間を作る形式です。左右、前後にどれだけゆとりをもたせるかについては、厳格な決まりはありません。墓所によっては、左右だけしかスペースを作っていないこともあります。東京都内にあるような霊園では、ゆとりをもたせるのはお値段的に少し大変かもしれません。限られた予算でゆったりとしたお墓を望む方は、やや郊外を検討しましょう。

六浦霊園ゆとり墓所

空いたスペースの活用法は、お家によってさまざまです。お花を植えて美しく装飾したり砂利をしきつめて高級感を出したりする方もいらっしゃいます。ご希望があれば、故人の好みに応じた個性的なデザインにすることも可能です。加えて、お墓参りに行くときに、広々としているので、隣のお墓があまり気にならないのもメリットといえます。


植栽はお手入れのしやすさで選ぶ

次にお墓の周りに植える植栽についてです。まずは、花についてですが、お手入れのしやすさで選ぶのがよいでしょう。維持管理が難しい種類の花を選んでしまうと、お手入れが大変です。害虫がついてしまうと、周りのご家庭にも迷惑がかかってしまいます。

ゆとり墓所の花壇

また、どんなお花を選ぶにしても、雑草処理は不可欠です。葉が枯れてしまったまま放置すると、ご先祖様が悲しみます。草が伸びやすい夏場は、とくに注意が必要です。月に一度はお墓に行って、お掃除しましょう。

樹木を植えるなら、定期的な剪定が必要です。お墓参りに行ける頻度を考え、慎重な選択をしてください。また、樹木は大きくなるものはさけたほうがよいでしょう。根っこが伸びて地盤がゆるむと、墓石が倒れてしまうこともあります。


玉砂利をおくと雑草が生えにくくなる

お手入れの負担をなるべく軽くしたいのなら、玉砂利を敷いてみてください。周りから草花の種子が飛んできても、発芽しにくくなります。雑草が生えなくなると、植えた植物もよく育つはず。

玉砂利は霜防止の役割も兼ねています。冬場にお墓参りをするときに、靴が汚れる心配がありません。霜が溶けてドロドロになった地面を歩くのは、かなりストレスです。ご自身だけでなく、ご先祖様に快適な空間を提供するためにも、玉砂利を検討しましょう。

玉砂利の選び方ですが、墓石の色とマッチするものを選択しましょう。濃いグレーや青みがかったものなど、たくさんの色があります。宗派によって規則があれば、ルールに沿ったものを選んでください。どれを選ぶか迷ったときには、寺院や霊園担当者に聞くのがよいでしょう。

四季折々のお花が彩る牛久沼聖地公苑のゆとり墓所は、一人ひとりのお好みに合わせた墓所を建てられます。お墓選びにこだわりがある方は、ぜひ牛久沼聖地公苑をご利用いただければと思います。








スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.