耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

両家墓が利用される理由

少子化が進む今、一人っ子同士の結婚も考えられます。ひとり娘が嫁いでしまった場合は、お墓を守る人がいなくなってしまいます。しかし、先祖代々引き継がれてきたものを途絶えさせるわけにはいきません。そこで、注目されている解決策が両家墓です。どんな形態なのかを知り、将来に備えましょう。

両家墓とは
共同外柵の両家墓

両家墓とは、複数のお家のお墓を一つにまとめたものです。一人っ子の家庭が無縁墓になるのを防ぐために考えられたシステムで、近年少しずつ増えています。両家のお墓をまとめることで、管理もしやすくなるはずです。お墓参りに行く頻度が高くなるので、きれいな状態を維持しやすいのもメリット。法要を一度にすませることができるので、維持コストも安くなります。


子どもの負担を軽くするため、早いうちからお墓をまとめる相談をはじめる方もいます。双方納得がいく方法を検討しましょう。

両家墓の種類

形態は、1つの区画に2つの墓を建てるタイプ、1つの墓石に2つの家名を刻むタイプの選択になります。1つの区画に2つ墓を建てるとしたら、一定以上の広さが必要になります。大規模な霊園なら可能ですが、建墓費用が高くなることも覚悟しましょう。墓相が良くないという説もあり、最近では減っている形です。

1つの墓石に両家の名前を書くタイプでは、両家の家名を並べて記し、真ん中に「家の墓」とつけるのがスタンダード。「の墓」をつけずに、「●●家」「○○家」と2つ並べて書くだけの形もあります。近年よく目にするようになった形は、横に長い洋型墓石。「やすらぎ」などの言葉を真ん中に入れ、下側左右に「●●家」「○○家」と彫刻ます。


すでにあるお墓をまとめるときの手続きと注意点

すでにあるお墓をまとめる場合、改葬の手続きが必要です。霊園・寺院によっては、受け入れを断られることもあるので気をつけましょう。公営霊園の場合は、使用規定で制限を受けるケースがあります。お墓を一つにまとめたい意向を伝えて、設置可否を確かめてください。

宗派が異なる場合は、民間霊園を選ぶことをおすすめします。寺院に建てると、どちらかが改宗する必要がでてくるためです。宗派によっては、戒名や法要でトラブルになることも考えられます。これまでの風習と異なる習慣に従うのは、なかなか骨が折れることでしょう。ストレスをなるべく少なくしたいなら、宗派にとらわれない墓所を選ぶことが大切です。

希望する霊園が決まっているなら、まず相談してみましょう。夫婦の実家が遠い場合は、お墓の場所にも気を使います。両家の親族が納得できるアクセスの良い土地を選ぶのが理想です。話を進める前に、関係者に事情を話し、了承を得ておきましょう。

婚姻を経てできたお家同士のつながりは、非常に大切なもののはず。先祖供養についても一緒に考え、円満な解決策を見出すことが目標です。同じお墓に入ることは、有効な一つの選択肢です。承継者問題に発展する前に、上記を参考にしながら両家墓を検討しましょう。








スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.