耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

お墓にかかる費用とは

お墓を買う機会は、一生に何度もあることではありません。いざ自分が購入する立場になったとき、いろいろとわからないことがでてくるのは当然です。

ここでは、霊園・寺院を選ぶときに気をつけたい、費用に関する注意点を見ていきます。あわせて、維持するために必要な費用も紹介します。自分のためだけでなく受け継ぐ子どものためにも知っておきたい内容ですので、ぜひご覧ください。

お墓を建てるときにかかる費用

建てるときにかかる費用は、墓石自体を買う費用と設置するための工事費用が必要です。

墓石にも、いろいろな種類があります。硬度が高い高品質な石を使うほど、料金は高くなるものです。工事費は、特殊な装飾をしたりデザインが凝ったものを希望したりする場合には、技術者の手間賃がプラスされます。価格相場は流動的なものなので、予算がある場合には霊園に相談しましょう。

墓所にかかる費用

購入した後にも、全く費用がかからないわけではありません。お子さまやお孫さまの代にわたり、必要になる費用があります。自分の意向だけで決めてしまうと、身内に苦労をかけてしまいます。遺されるご家族のことも考えたお墓選びをしましょう。

永代使用料

墓地がある土地を使用する権利に対して支払う費用です。地価と連動して決まることが多く、都心部ほど高くなります。都内の民間霊園だと、300万円以上も覚悟しましょう。あくまで使用権なので、転売することはできません。お墓を継ぐ人がいないと、権利は消滅してしまいます。
>>永代使用料について

管理費

墓地全体を維持していくのにかかる費用です。年間数千円から数万円程度と考えましょう。永代使用権を持っていたとしても、別途管理費はかかります。滞納すると警告を受けることになります。計画的に払いましょう。

寺院によってはお布施や寄付金が必要

寺院によってかかる可能性がある費用も、大きな負担になりがちです。考えられる費用と相場について、基礎知識を確認しましょう。

お布施

お葬式以外にも、定期的に宗教行事を行います。行事の際に、僧侶へ支払うのが、お布施です。お気持ちとは言え、地域によって相場が決まっていることがほとんど。民間霊園なら、予算に応じてご住職の手配をお願いします。

寄付金

寺院の増改築をするときに求められるお金です。不定期とは言え、万単位の金額になります。昔ながらの地主など裕福な家庭は、大きな金額をお願いされることもあります。地域の相場に従って、一定金額をおさめましょう。

入檀料

檀家になるために必要なお金です。毎年の支払いではなく、一回限りの出費です。10万円前後というのが平均的な金額。大きな寺院だと、数十万円以上になることもあります。

寺院にお金の質問するのは勇気がいります。頼れる身内がいない場合は、なおさら不安が募るでしょう。近所の霊園などに、詳細を相談し、改葬を考えてみてはいかがでしょう。








スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.