耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

分骨って何?分骨の方法と注意点

最近の風潮として、分骨を希望する方が増えています。実際に行う方法と注意点などをご紹介していきますので、ご覧ください。

分骨とは、遺骨を複数に分けて納めること

分骨とは、故人の遺骨を複数に分けて納めることをいいます。遺骨を分ける事情は、人それぞれ異なります。「引っ越しをするためお墓が遠くなってしまった」「ご先祖様の遺骨を兄弟姉妹で分けて管理したい」などの理由が考えられます。

分けた遺骨を手元においておくだけであれば、特別な手続きは不要です。お墓に入れるときには、分骨証明書が必要になります。証明書がない場合には、新しいところに埋葬することはできません。

必要な手順は埋葬の前後で異なる

一旦お墓に納めたお骨を移動する場合と、火葬場から直接分ける場合で、必要な手順が異なります。それぞれの手順の詳細を見ておきましょう。

すでに埋葬された遺骨を取り出し移動する場合

まだ埋葬されていない遺骨を分けて納める場合

葬儀社を利用する場合は、担当者に手配をお願いすることもできます。どうやって分けるかの話がまとまっている場合には、あらかじめ伝えておくとスムーズです。火葬場によっては、当日しか証明書を発行できないことがあります。事前にシステムを調べて、抜かりなく準備を進めましょう。

トラブルを防ぐために気をつけたいこと
墓石と花

遺骨を分けて納めると、魂がさまようと考える方がいるかもしれません。遺骨を分ける理由と方法を、関係する方たちにきちんと説明しておきましょう。遺骨には、所有者がいます。一人の気持ちだけを尊重して、手続きを進めることはできません。


墓地管理者にも、お骨を取り出すことを忌み嫌う方がいます。墓地が荒れるなど、管理面での問題が主な理由です。唐突に意向を伝えて証明書の発行をお願いするより、まず相談する配慮が必要です。当然の権利のように依頼をもちかけるのは、やや不躾。ご先祖様に悲しい想いをさせないためにも、道理に沿ったやり取りを意識しましょう。

お骨の一部を加工してお守り代わりに身につける

最近では、分けた遺骨の一部を加工して、身につける方もいます。大切な人との別れを惜しみつつ、前向きに生きる手助けになるものです。ダイヤモンドや誕生石と組み合わせたペンダントなら、どんなスタイルにもマッチするはず。最愛の人をいつまでも心に残す手段として、検討してみてもいいでしょう。

牛久沼聖地公苑では、分骨や改葬によるお申込みも随時受付しています。わからないことや手続きの手順に関して、どんなことでもお気軽にご相談ください。








スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.