耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

樹木葬とは

樹木葬は自然葬のひとつで、樹木を墓石に見立てた埋葬方法です。家の事情や宗教などの形式に捕らわれることなく眠りたいという人の支持を集めています。そこで今回は、近年増えてきた樹木葬について、ご説明します。

樹木葬ってどういうもの?

樹木葬は一般的に、墓石の代わりに花や木を植樹することをいいます。墓石を立てるときと同じように、ひとつの区画のなかに1本植樹をするタイプと、1本の樹木が植えられた区画に複数の遺骨を埋葬する合同墓タイプの2種類があります。

どちらの場合も基本的に永代供養になるため、独身者が増え、核家族化が進む現代において、いつしか無縁仏となり、継承者がいなくなったとしても成り立つのが樹木葬のメリットです。

日本で行われている樹木葬のほとんどは、寺院境内やその近隣に、埋葬する場所や区画を設ける形ですが、森林伐採が進んだ山を買い取って樹木葬という形で植樹することで、同時に里山の維持・保全を目指し、社会貢献を行っている霊園やお寺もあります。

実はご遺骨を“粉末状”にすれば墓地以外でも埋葬することは可能とされています。自然葬というと、従来は海に散骨することを指していましたが、最近では「身体を自然に返すべき」「死後は土にかえるのが自然なことである」などの故人の考えや思いによって山や木に散骨するケースも増えつつあります。

しかし、“墓地埋葬法”という法律があるため、ご遺骨のまま埋葬する場合はお墓と認められた場所に埋葬することが決められているので注意が必要です。

樹木葬の場合の費用はどうなっているの?

墓石を立てる場合の費用は一般的に100〜200万円程度が相場ですが、樹木葬の場合の費用は10~80万円程度が相場となっています。墓地の敷地内に植樹する場合は、霊園やお寺が所有する区画の土地を“借りている”状態になりますので、費用に権利料(永代使用料)が含まれることがあったり、別途年間管理費が発生する場合があったりするので、事前に確認しておきましょう。なかには、13回忌までは骨壺に入れて埋葬した後、合同墓に場所を変えて合祀するケースもあります。

樹木葬にする場合の注意点

樹木葬の場合、いざ改葬しようと思ってご遺骨を移動させたいと思っても難しいのが現状です。合同墓の場合だと、ご遺骨を取り戻すことができないケースがありますし、個別であっても、ご遺骨を粉末状にして散骨された場合は、ご遺骨の形が失われているため、取り出すことはできません。

そのため、ご遺骨を取り戻せないとなると、高齢者の方からご理解いただけないケースもあります。樹木葬を希望する場合は事前に親族とよく相談したうえで決められることをおすすめします。

自然にかえるという目的を持った埋葬方法となる樹木葬は、周囲の自然と共存することができるだけでなく、大きく費用を抑えることができ、継承者がいない場合でも霊園やお寺が永代供養で弔っていただけます。故人と親族の思いに沿った選択であれば、有意義な埋葬方法のひとつです。牛久沼聖地公苑でも、永代供養墓がございますので、どうぞ安心してご利用ください。









スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.