耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

お墓参りの作法

ご実家でお盆を迎えるときなど、折々でお墓参りをする機会があると思います。その際の作法ですが、何となく周りに合わせているだけで、正しい作法をよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しっかりと準備をし、正しいお作法でご先祖の冥福をお祈りいたしましょう。

お墓参りに行くために何を準備すればよい?

お墓参りに持っていくものは以下の通りです。

綺麗なタオル、または雑巾

墓石を掃除するときに必要です。タオルのほかに、スポンジや歯ブラシがあると細かいところまで磨くことができます。濡れたタオルを入れるビニール袋を一緒に持っていくと便利です。

供花

供花は菊を中心とした仏花で構いませんが、故人の好きだったお花を用意するのもよいでしょう。用意した花は対で花立てに入れましょう。一緒に花ばさみもあると綺麗に生けることができます。切った茎や葉は新聞紙に包んで共用のゴミ箱に捨てるか、持ち帰りましょう。

お供物

古くは饅頭(まんじゅう)や羊羹(ようかん)、紋菓(もんか)や落雁(らくがん)などの干菓子をお供物としていましたが、いまは果物やお菓子、飲みものでも、故人の好きだったものをお供えするのが一般的です。

また、お供物はそのままにしておくと腐ってしまったり、鳥や虫などの動物がつついてしまったりすることで、せっかく綺麗にしたお墓が汚れてしまいます。お供えした食べものは縁起がよいとされていますので、持ち帰って家族でいただきましょう。

線香、ライター(マッチ)

お供えするための線香と、それに火をつけるためのライターやマッチも必要です。風が強いとマッチはすぐに消えてしまうので、線香用のライターなどがあると便利です。

数珠

宗派によって形などが異なるので事前に確認しましょう。

一般的なお寺や霊園であれば、ほうき、ちりとり、手桶、柄杓は用意してあるものを借りることができます。ただ、貸出中になっている場合もあるので、自分で用意しておくと便利です。また、掃除の際に抜いた雑草などのごみを持ち帰るためのごみ袋なども必要です。

お墓参りのマナー

お墓参りにでかけるときは派手な服装は避けます。掃除することを踏まえ、普段着のほうが動きやすいかもしれません。

地域によってはお盆の間は夜にお参りする風習があるので、必ず日中に行かなくてはならないということはありませんが、近隣住人のことや掃除のしやすさなどを考えると、明るい時間にお参りしたほうがよいかもしれません。

お墓参りの手順

1.お墓に着いたら

お墓に着いたら、普段からお墓のお世話をしてくださっている霊園の管理者の方、寺院の場合は本堂にあるご本尊、ご住職に感謝の気持ちを持って挨拶をしましょう。

2.お墓の掃除

掃除は、手桶に汲み、お墓に手を合わせた後にはじめます。墓石に水をかけ、雑巾やスポンジなどを使い、花立て、香炉などを、細かいところまで丁寧に掃除します。区画内の雑草を抜いて落ち葉を拾い、植樹されている場合は枝を切るなどの手入れもしましょう。

また、墓石に水をかけることに関しては諸説ありますが、本来は墓石に水をかけるのは掃除が目的ではなく、仏教上の教えに基づくもののようです。仏になっても喉が渇いてしまうという説、ご先祖の魂を呼び出すための合図という説、下等にいる餓鬼にも水をあげるという“仏様の慈悲の心を象徴する”行為であるという説などがあります。

掃除が終わったら手を洗い、持参した仏花や食べものなどをお供えします。墓石にお酒をかけるとシミができてしまったり、変色してしまったりする場合がありますのでやめましょう。

3.線香をお供えする

お参りは故人と縁の深い人から順番に行います。線香をお供えしますが、線香の火は息を吹きかけて消してはいけません。仏教において、人間の口は穢れやすいといわれているため手で仰いで消しましょう。

線香を供えたら、線香の火が消えないよう注意しながら墓石に水をかけた後、手に数珠をかけて合掌します。お祈りするときは墓石よりも頭が低くなるようしゃがみ、両手を胸の前で合わせて軽く目を閉じ、30度ほど頭を下げます。心の中で冥福を祈り、感謝の気持ちや報告したいことを心の中から語りかけましょう。

4.後片付け

一通り終わったら後片付けをして終わりです。お借りしていた手桶や柄杓などがあれば一度ゆすぐなど、綺麗にしてからお返しします。周りにごみがのこっていないかを確認し、線香とお花以外のものは持ち帰りましょう。

上記を参考に、ご先祖も喜ぶようなお墓参りをしてください。









スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.