耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

お供え物のマナーや種類

お彼岸やお盆には、お墓参りされる方は多いのではないでしょうか。ほとんどの方がご先祖様へのお礼の気持ちを込めて、お供えをすると思います。ただ、「どんなものを選べばいいのか」、「後処理はどうすればいいのか」など、分からない点も多いのではないでしょうか。

ここでは、お供え物に関する基本的なマナーを紹介していきますので、ぜひ参考にご覧ください。

共に供することで供養をするのが本来の目的

お供え物の語源は「共に供する」ことと言われています。ご先祖様と同じものを分け合って食べることで、大切に思っている気持ちを伝えるということです。お墓をきれいにしたり、花を飾ったりして、お供え物をする。これは、仏様への感謝を表す行為であると言えるでしょう。

昔から、食事を共にすることは尊いこと。お供えしたものでも食べられるものは、口にしても良いでしょう。このような行為を通じて仏様と心を通わせるのです。

お供えするものに明確なルールはない

お供えするものは、お花、菓子、飲み物、フルーツなどを選ぶのが一般的です。明確なルールがあるわけではないので、故人の好きだったものをお持ち頂いてかまいません。

生前良く食べていたもの、自宅で育てていたものを選ぶ方もいます。ご家族が納得できるものであれば、どんなものでも問題ありません。

ただ、お供えするときには、墓石が汚れないよう下に半紙や懐紙を置くようにしてください。すぐに片付けてしまうものとは言え、正しいルールを守るようにしましょう。

持参した食べ物は持ち帰るのがマナー

お墓参りが終わったら、持参した食べ物を持ち帰ります。その場に置いておくと、鳥に食い散らかされてしまったり、腐敗してしまうからです。このような状態になってしまうと、見た目にも美しくありません。お供え物は必ず持ち帰るようにしてください。

そして、お酒が好きだった方の墓石によくお酒をかける方がいますが、これはアルコールが石材の隙間に入り込んでしまい、変色やカビの原因となってしまいます。

墓石が傷んでしまうと、大規模な修繕が必要になることもあります。いつまでもきれいな状態を保ちたいのであれば、おすすめできないご供養です。

一方「かけるのではなく封を開けていないビール缶を置いておくだけなら……」と考える方もいますが、これは錆が広がる原因になってしまいます。お菓子や果物と一緒に、お持ち帰りされた方が良いでしょう。

そして、上記でもお話をしましたが、持ち帰ったお供え物は口にしても問題ありません。ただ、どうしても持ち帰るのに抵抗があるということであれば、お供え物をきれいに包装した状態で寺院へのご供養として渡すこともできます。地域や墓地での風習がある場合もあるので、取り扱い方法を聞いてみると良いでしょう。

定期的にご先祖様に感謝の気持ちを伝え、仏様と心を通じ合わせることは素晴らしいことです。命のルーツについて考えることは重要なこと。上記を参考にお墓参りに出かけ、ご先祖様にお供え物を贈ってみてはいかがでしょうか。









スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.