耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

お彼岸のお供え物

お彼岸のお供えものの定番といえば、ぼた餅、おはぎです。ぼた餅とおはぎの違い、お供えものにするほかの食べものはどのようにして選ぶのがよいのでしょうか。ここでは、お寺に食べものを持っていくときや、それをお供えするときのポイントをご紹介していきます。

春分の日と秋分の日が「お彼岸」

春分の日、秋分の日を中日として前後一週間がお彼岸となります。この日は太陽が真東から昇り、真西へ沈みます。仏教の世界では、東がこの世で、西があの世とされており、故人への思い、祈りが通じやすい日といわれています。

また、祝日法では、春分の日を「自然をたたえ、生物を慈しむ日」、また、秋分の日を「先祖を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」としています。

春のお彼岸に供える「ぼた餅」

ぼた餅の“ぼた”は、春の花である「牡丹」に由来します。小豆の収穫期ではないこの季節、保存しておいた小豆であんこを作るため、固くなった小豆の皮を綺麗に取り除いて作られていたのが、“こしあん”です。牡丹の花に似せて、丸々と大きく作ります。

秋のお彼岸に供える「おはぎ」

おはぎは「萩」の花に由来し、萩の花びらの形が小豆に似ている、萩の花と色が似ているからという色々な説があります。小豆の収穫期にあたるため、収穫したばかりの小豆をそのままあんこにして作るので、“粒あん”になります。萩の花に似せ、細長い俵型に作ります。地域によっては、きな粉をまぶしたものを「おはぎ」と呼ぶところもあるようです。

ぼた餅、おはぎを供える理由とは?

古くから、赤い色には魔よけの力があると信じられていました。そのため、小豆はお赤飯やあんこにして、祝宴や儀式のときには供物として捧げられてきました。

その習慣の名残で、お彼岸には五穀豊穣を意味するお米(餅)と、魔よけを意味する小豆を使ったあんこを組み合わせて、おはぎやぼた餅が作られ、仏様や神様に対して感謝の気持ちと、家族の健康を願って供えられているのです。

ぼた餅、おはぎ以外は何をお供えする?

なかには、ぼた餅やおはぎとは別に、お彼岸入りにご先祖様をお迎えするための「入り団子」と、お彼岸明けの最後の日に、ご先祖様へのお土産として用意する「明け団子」というものがあり、これらは「お彼岸団子」といわれ、中日だけぼた餅やおはぎをお供えするという地域もあります。

霊供膳という、一斗三菜の精進料理を出す風習のある宗派、地域もあります。これはご仏前に供えるもので、白米、汁椀、壺椀、平椀、高坏に料理を盛って、脚のついたお盆に乗せてご仏前に箸を向けるようにそろえます。

お寺や地域によりますが、一般的には季節のフルーツや日持ちするおせんべいやクッキー、お饅頭、羊羹などいろいろあります。ご自宅のお仏壇やお墓に供えるのであれば、故人が好きだったお酒や食べものもよいでしょう。知り合いのところへ訪問する場合は、地元の名物や特産品のほかに、絵柄の入った贈答用の蝋燭や、香りのよいお線香などもあります。

熨斗紙はどういうものを選べばよい?

法要の際にお供えものをする場合は、黒白、双銀、地域によっては黄白の結び切りの水引がかけられた熨斗(のし)紙を付けましょう。表書きは「御供」で構いませんが、忌明け前なら「御霊前」、忌明け後なら「御仏前」としましょう。

ぼた餅やおはぎは地域によって呼び方が違うようですが、呼び方やお供えするものの中身よりも、感謝の心を持ってお祈りをすることが何よりも大切なのではないでしょうか。









スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.