耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

永代使用権

お墓を建てる際、まずは霊園や墓地の仕組みについて理解しておかなくてはいけません。家を建てるときは土地そのものを購入しますが、お墓を建てるときは考え方が少し異なります。そこで今回は、お墓を建てる際に知っておきたい「永代使用権」について解説していきます。

永代使用権とは

霊園や墓地などで、個々のお墓が建っているところや、これから建つ予定の区画を「墓所」といいます。この墓所使用するための権利を「永代使用権」といい、永代使用料を払うことで子々孫々が使う権利を得ることができるのです。

「お墓を購入する」というと、墓所の土地そのものを購入するように誤解する方も多いのですが、実際にはあくまでも墓所を使用する権利を購入したのであって、土地そのものの所有権が自分のものになるわけではありません。そのため、永代使用料を支払い、永代使用権を手に入れても、墓所を売買することはもちろん、勝手に他人に貸すことも禁止されています。

永代使用権を手に入れるのに必要な手続き

墓所を永代にわたって使用するための権利である「永代使用権」を手に入れるためには、霊園・墓地との契約が必要です。一般的な流れとしては、「使用申込書」に必要事項を記入して、戸籍謄本や住民票といった必要書類と一緒に提出します。

もちろん、永代使用権は、あくまでも墓所を利用するための権利ですので、墓石(お墓本体)部分に関しては、石材店など建墓の請負先と別途契約が必要です。

永代使用権の承継・変更に必要な手続き

お墓というのは本来、一代限りで役目が終わるのではなく、子々孫々と代々受け継がれていくものです。このようにお墓の維持や管理・供養を次の代へ引き継ぐこと、つまり永代使用権の名義変更を行うことを「承継」といい、そのすべてを相続する人を「承継者」といいます。

お墓の承継を行う場合には、霊園や墓地などの管理者に必ず届け出をしましょう。その際、必要な書類は各霊園や墓地によって異なりますので前もって確認する必要があります。

承継に伴う名義変更の手数料も霊園や墓地によって異なります。民営霊園の場合はおよそ5,000〜10,000円が相場です。ただしお寺にあるお墓の場合は、檀家としての役目も承継することになるため、手数料以外にお布施などが別途必要になる場合もあります。

お墓を建てることは、家を建てるのとは違い、さまざまな面で仕組みが異なります。お墓に関するご相談は牛久沼聖地公苑へお気軽にお問い合せください。








スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.