耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

永代使用料

新しくお墓を建てるときには、墓石代や工事費、管理費のほかに「永代使用料」が必要です。これは、いわゆるその土地の使用料のようなもので、場所や広さによって値段は異なります。どのようなお墓にどれくらいの使用料が必要なのか、永代使用料の基本的な知識をしっかりと身につけ、納得のいくお墓選びをしていきましょう。

永代使用料とは
一般墓所

「永代使用料」というのは、お墓を建てる場所の使用料のことです。通常、土地や家といった不動産は、お金を支払って購入すると自分たちの所有物になります。ところが、お墓の場合はこの仕組みが少し異なり、お墓を購入して永代使用料を支払っても、その土地の所有権はお寺や霊園などの管理者や事業主のものです。


永代使用料はあくまでも墓所を使用するための費用だからです。ただし、「永代」というように一度使用料を支払えば、子供の代になってお墓の名義人が変わっても再度支払いをする必要はありません。

ただ、お寺や霊園によっては、お墓の名義変更は「子孫のみ」と承継範囲が決まっているところもありますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

永代使用料と永代供養料の違い
一般墓所

お墓を承継する人がいない場合や、何らかの事情でお墓参りができない場合、寺院などが責任をもって永代にわたる供養と管理をすることを「永代供養」といい、そのために必要な料金が「永代供養料」です。近ごろは、お墓のことで家族に負担をかけたくないと考える方や、菩提寺を持たない方も多く、こうしたさまざまな事情に対応するために永代供養墓が選択されています。


永代供養となったお骨は、最終的にはほかの方のお骨と一緒に同じ納骨堂に安置されることが多く、その納骨堂の上に建てられるお墓は「合祀墓」「合同墓」などと呼ばれます。

「永代供養料」は「永代使用料」と混同されがちですが、この2つは「返還や転売ができない」という点以外は、大きく意味が異なります。お墓の購入を検討する場合は、それぞれの違いを正しく理解しておくようにしましょう。

永代使用料の相場

永代使用料の相場は、一般的には墓所の広さや地価によるところが大きいとされています。つまり、首都圏のように土地の値段が高ければ永代使用料も高く、反対に郊外で土地の安いところでは永代使用料も安くなるというわけです。

また、同じ霊園内でも陽当たりのよさや区画によってその金額が異なるところもありますし、設備や管理が充実しているところは永代使用料も高くなる傾向にあるようです。自分たちが住んでいる地域ではどのぐらいの永代使用料が必要なのかあらかじめ把握しておくようにしましょう。

>>牛久沼聖地公苑の永代使用料








スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.