耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

改葬のトラブル

核家族化や少子化、高齢化、都市部など人口集中地区への転居といった理由から、改葬を考えている方も多いと思います。故人のことも考えると、できるだけスムーズに改葬を進めたいところです。そこで今回は、お墓のお引越しに関するトラブルを未然に防ぐための予防策をご紹介していきます。

ご住職と円満に話を進める

長年お墓を管理してきたご住職としては、何の前触れや相談もなく、突然改葬の申し入れをされると驚かれると思います。一度ご挨拶に出向き、先ずは改葬を考えるに至った経緯や事情を説明してご理解いただくこと、相談しておくことが大切です。

実は、お墓を管理しているご住職から改葬を反対される場合があります。理由のひとつとして挙げられるのは、檀家さんが減ってしまうと経済的な事情で困ってしまうというケースです。そういった理由で、話し合いがスムーズにいかないと数百万円の離壇料を請求されてしまったり、改葬に必要な「埋葬証明書」を作成してもらえなかったりすることもあるようです。

離壇料はいわゆるお布施です。お寺によってその金額を設定していることもありますが、いままでお世話になったお礼の気持ちを込めた金額を包むのが一般的です。あまりにも法外な金額を請求されるなど、どうしても住職と折り合いがつかない場合は、市区町村の役場に相談して話し合いを進めることをおすすめします。

親族と改葬について事前に話し合う

改葬することは、「先祖代々のお墓のお引越し」を意味します。お墓に関する問題は親族全体の問題ですし、それぞれに思いがあり、大切な場所でもあります。法律上、墓地の使用権者の判断によって改葬ができるとされているので、親族の同意を得る必要はないとされています。

しかし、親族同士のトラブルを抱えたまま無理に改葬をしてしまうと、親族との関係性に問題をのこしたままになってしまいます。

ご先祖様の望まない親族同士のトラブルを防ぎ、円満に解決するためにも、事後承諾は極力避け、どこにお墓を移すのか、費用は誰が負担するのか、親族全体で納得ができるまで話し合いをしましょう。

石材店選びにも注意

改葬に当たって、一般的には、いままでの墓石の撤去、新しく設置する墓石の準備などは石材店に依頼します。ただ、自分たちで選んだ石材店に依頼したところ、お墓の撤去や設置の際に隣接する別の墓石を破損させたり、墓石を不法に投棄したりするなど、なかには悪質な石材店も存在するようです。

優良な石材店は、墓石作りに関して親身にアドバイスをしてくれますが、無理な営業はしません。墓石購入を急かしたり、自宅に押しかけたりしてくるような石材店はやめておいたほうがよさそうです。実際にお店や展示場などで墓石を見ながら話ができると安心ですね。

また、施工を別の会社に委託している石材店の場合、万が一トラブルが起こったときに責任を転嫁しあうこともあります。そのためアフターケアがしっかりしていることや、お墓の契約から完成までを自社施工している業者のほうが安心でしょう。

墓地のあるお寺には、大抵付き合いのある石材店があります。トラブルや悪質な業者を避けるためには、お寺と長年の付き合いがある、信頼できる石材店に依頼しましょう。長年の経験から、墓地の敷地内や状況についても詳しく把握しているので、トラブルを起こす可能性はグッと低くなります。

準備不足のせいで思わぬトラブルを起こして嫌な思いをしたり、予定より改葬に時間がかかってしまったりしてしまうことがあります。さまざまなトラブルを未然に防ぐことで、お墓のお引越しをスムーズに進めることができます。先祖代々の御霊を守り、子孫にのこす大切なお墓は、十分に余裕をもって準備をすすめていくようにしましょう









スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.