耐震性を考えた墓域設計
安心のご葬儀特典
mainimage

改葬にかかる費用

お墓の引っ越し(改葬)をしたいと思ったときに気になるのが、お金に関する問題です。ご先祖様を大切に思うからこそ、問題なく改葬を進めたいものです。そのためには、ある程度の費用を知っておくのが良いでしょう。墓石の移設、撤去とその周辺費用を知り、改葬に備えましょう。

墓石をそのまま移設するのは現実的ではない

ご先祖様から引き継いだお墓に、愛着を感じる方も多いでしょう。改葬にあたっても、今ある墓石をそのまま使いたいとの声もあります。

例えば、墓石をそのまま移設しようとすると、解体作業と運搬作業が必要になってきます。長年使った墓石は非常にもろく、慎重を要する作業になるため、専門業者に見積もりをとったとしても、かなりの高額になるのが予想されます。新しいお墓を建てるよりも高くなってしまうケースがほとんどなのです。

そのため、改葬となったとき、実際には墓石を新設する方が多いのが現状です。きちんとご供養さえすれば、ご先祖様に失礼にあたることはありません。そして新設する際には、合わせて災害対策を施しておくと安心です。

撤去費用は立地条件や状態で異なる

現在のお墓は、更地に戻して返還するのが通常です。そこで必要になるのが、墓石の撤去作業。石材店や専門業者に依頼して作業を進めてもらいます。その際にかかってくる費用は、立地条件や状態によってさまざまです。広さによって、金額が変わることもあるので、どのくらいでお願いできるのか、現地調査をもとにした見積もりを出してもらった上で判断するようにしましょう。

お寺によっては、施工業者の指定を受けるケースもあるようです。無断で業者に声をかけると、トラブルの原因になってしまうので、あらかじめ管理者に事情を伝えて、手順を確認するようにしてください。

解体・撤去の他にかかる可能性がある費用

他にかかる可能性がある費用として、お魂抜き料、離壇料、埋骨料、開眼供養料、戒名料などが挙げられます。それぞれの概要を、下記にまとめてみました。

お魂抜き料

古いお墓を閉じるときに、読経をお願いします。閉眼供養とも呼ばれるもので、数万円程度のお布施をお渡しするのが通常です。

離壇料

現在のお墓がお寺だと、離壇に伴う費用が発生します。有無、相場含めて、お寺によって大きな開きがあるのが通常です。そして、永代使用料を支払っている場合でも、返金を受けることはできないので注意が必要です。

入檀料

新しいお墓をお寺に建てる場合、入檀料がかかります。離壇料同様に、相場はまちまち。どのくらいかかるものなのかを聞き、改葬先を検討するようにしましょう。

埋骨料

新しい霊園にお骨を納めるときにかかるお金です。ご遺体お一人ずつ数万円かかると考えてください。

開眼供養料

納骨をする際の法要にかかる費用のことです。納骨式と一緒に行う場合、セット料金になっていることもあります。一律金額が決まっていることもあるため、確認が必要な項目です。

改葬の際には、上記のような費用がかかります。ある程度のことは想定をしておき、改葬する際にはスムーズに進められるよう準備をしておくようにしましょう。

>>牛久沼聖地公苑への改葬手順









スマートフォン最適サイトへ
牛久沼聖地公苑 Copyright ©渚石材株式会社 All Rights Reserved.